「黄金のタイ」売却を発表 日田・鯛生金山

 日田市は26日、かつて東洋一の金の産出量を誇った市内中津江村の地底博物館・道の駅「鯛生金山」に2006年まで飾られていた純金製の「黄金のタイ」を売却すると発表した。1992年に旧村が観光の目玉として設置した雌雄一対の雌。雄は06年に盗難に遭っている。残された雌も「金庫に保管したままでは防犯費用が掛かる上、地域振興にも役立てられない」と売られることになった。

 所有する市は有効活用を考えてきたが、金相場の上昇を受けて売却を検討、数社に見積もり依頼した。その結果、三菱マテリアル(東京都)と、売却予定額9045万円で仮契約に至った。12月定例市議会に関連議案を上程する。
 雌は体長約70センチ、重さ20キロ。当時の購入額約3千万円(1グラム=1470円)に対し、3倍以上の値が付いた計算だ。
 坑道内に雌雄そろって展示されていた頃は「金運と縁結びの神」として観光客の話題を集めた。重さ30キロの雄が盗まれた後はレプリカに置き換えられ、金山では「(雌は)実家に帰り、夫の帰りを静かに待ってます」と、レプリカ横に「事情」を掲示したこともある。
 盗んだ犯人は1年9カ月後に逮捕されたものの、雄が戻ることはなかった。残った雌は警備上の問題から市役所内の金庫で“隠居生活”となっていた。
 売却は事前に中津江地域審議会に説明して、地元の同意を得たという。
 設置当時、村議会議員だった元村長の坂本休・中津江村地球財団理事長は「長年にわたり役割を果たしてくれた。少し寂しくはあるが、高く売れるのは良かった。(売却金は)中津江の観光に役立ててもらいたい」。原田啓介市長は「今後は中津江地区の施設整備費などに活用したい」としている。

(以上、大分合同新聞 より)




雌を売る、と言うのもいやな話だな。


 大分県の鯛生金山の金のタイの話なんだが、雄の方はずっと前に盗まれていたらしい。

 というのをテレビで観たので、詳細を探していたら、あった。

 
 なるほど、雄の方は帰ってこなかったのか……

 
 自分にとってはどうでもいい話であったが、何か気になったので。

 というように無駄な行動をしてしまうのが、人間の証明である。

 時にはマシーンのように何か意味のある行動をしている、と信じるほかはない。

 そのほとんどは色んな人から見れば、単なる寿命の無駄にしか見えないかもしれない。

 赤の他人の一生懸命な姿をみて、どっちにとるか。

 何だ無駄なことしかしていない、とみるか、凄いと驚愕するか。


 自分の場合は如何なることも前者のような感覚になるだけの話です。

 気難しいのです。

 小馬鹿にしているわけではないです。

 実は人の気が知れないだけなんです。

 思い遣りが初手から欠如しているというか。

 慇懃無礼な感じが、外面にでてしまっているのかもしれません。


 というような感じですが、まぁ、他人からどう思われても、どうでもいいんですが。

 結局のところ、相手がそう思っているようにしか、存在できないわけなんですから。

 相手が自分をどう思っているのかさえ、普通に読み取れれば先手を打てるだけの話です。

 自分は読み取る気がさらさらないので、心無い発言をすることはありますが。

 あらかじめ、失礼な発言をしたら、すみませんと断りを言ってから言うのなら問題はないと思います。

 
 ほんとにもう、すみませんでした。










投稿者: 鴉別府 鼻勝

[編集長-ひとこと]

 自分が気になった事や興味を持った事を、すぐに調べるってのは、とてもいいことです。

 僕も習慣づけたいと思いました。


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2013/01/07 21:00 ] Menu:07 ニュース です YO! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5402-e21e6f25