上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顔面の一撃が致命傷=実行役特定進める―六本木クラブ暴行死・警視庁

 東京・六本木のクラブで飲食店経営藤本亮介さん(31)が男らに金属バットなどで殴られ殺害された事件で、顔面を殴られた一撃が致命傷だったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁捜査1課は事件の直前にバットなどを持って集まったとして、凶器準備集合容疑で逮捕した暴走族グループ「関東連合」元メンバーらが殺害に関与したとみて実行役の特定を進めるとともに、逃走中の男らの行方を追っている。

 藤本さんは昨年9月2日未明、港区六本木のクラブのVIP席で知人らと飲酒していた際、目出し帽をかぶった男ら約10人に殴られて死亡した。4、5人が金属バットなどを持ち、暗い店内で迷わず近づいて無言で数分間暴行し、逃走した。

 捜査関係者によると、藤本さんの傷は顔や頭部に集中しており、死因は頭蓋内損傷。正面から棒のようなもので両目付近を殴られた一撃が致命傷だった。

(以上、時事通信より)




日本の法律は、おかしい・・・


 1対1で殺すより、大勢で一人を殺す方が一人一人の罪が軽い。

 誰が致命傷を与えたか分からないからだ、そうだ。

 何だか納得出来ない。


 逃げられない、反撃も出来ない人数で襲われる、こんな残酷な事があるか。

 1対1ならまず逃げられる。

 それが無理でもある程度の正当防衛は出来るだろうが、大勢が相手では不可能だ。

 それはもう、殺されるしかない、絶望的である。


 これのどちらが悪質、無残、無慈悲だというのか?

 誰が致命傷という話ではない。

 全員が等しく、残酷な殺人犯である。

 
 回避できる可能性を少なくした奴ほど罪を重くしてもらわなければ困る。

 なら、動かない政治家は千人くらいの群集で囲んで皆で踏み殺してやろうか。

 偉い方の論理なら罪は千分の一だが。










投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとりごと]

 集団暴行の論理って、こういうことやったんや。


 それで、イジメとかって集団で個人を攻撃するんやね。。。。


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2013/01/16 20:00 ] Menu:07 ニュース です YO! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5431-2bd93210