顧問教諭の体罰翌日…高2男子キャプテンが自殺

大阪市教委は8日、市立桜宮(さくらのみや)高校(大阪市都島区)の2年男子生徒(17)が昨年12月23日、自宅で自殺し、その前日に所属するバスケットボール部で顧問の男性教諭(47)から頬を平手打ちされるなどの体罰を受けていたと発表した。

 男子生徒は同部キャプテン。生徒は遺書と、この顧問あての手紙を残しており、手紙には、顧問による体罰に触れ、「体罰がつらい」との趣旨の内容がつづられていた。市教委は体罰が自殺の主な要因とみて調べている。

 発表によると、男子生徒は同23日午前6時半頃、自室で制服のネクタイで首をつっているのが見つかり、病院で死亡が確認された。遺書には、家族あての感謝の言葉などが書かれていた。顧問あての手紙には、顧問の厳しい指導や体罰があったこと、キャプテンとしての責任に苦しんでいることなどが書かれていたという。

(以上、読売新聞 より)




自殺より体罰より、許せないもの・・・


 教委の問いに 「体罰は無い」 と言い切り、自殺後の調べで大多数の生徒から日常的な体罰があったとバレた途端に 「体罰は有りました」 という学校。


 自殺が無ければ、今も嘘をつき続けていたのだろう。

 謝罪とか辞職で済む話ではない。

 これは、もう命で償わなければ仕方がない。


 「死んでお詫びを」 と言う権利は無い。

 死ぬの死なぬのと選ぶ権利は無いのだ。

 で、「死ね」 と責められ、否応なしに死を選ぶのだ。

 
 逃がしてはならない。

 地の果てまで、命を絶つまで追いつめようではないか。










投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとりごと]

 僕が生徒の立場だったら、とか簡単に言ったらいけないことだけど、

 
 死ぬくらいなら、学校やめてるわ!


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2013/01/08 23:00 ] Menu:07 ニュース です YO! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5434-2ded00ad