紅白で金爆を見たアッコがぼやき。「あんなにすごい演出してくれるなら、私だって言うで」。

 昨年末の紅白歌合戦に出演した人気エアーバンド・ゴールデンボンバー(通称、金爆)が、本番前に和田アキ子の楽屋を訪れて“失言”について詫びていたことが分かった。テレビ『アッコにおまかせ!』で和田自身が語ったもので、彼女は逆に金爆メンバーが証言した内容についても認めたのだ。

 紅白歌合戦2012で「最も印象に残ったアーティストランキング」(レコチョク調べ)で2位となったのは、出場発表会見やリハーサルでの下ネタ発言で問題となっていたゴールデンボンバーだった。1月13日に放送された『アッコにおまかせ!』では、彼らが紅白の大御所である和田アキ子の楽屋に挨拶をかねて「失言して申し訳ない」と詫びに来たことが明かされた。

 和田は「紅白出場を親孝行だと思っている歌手もいるんだから、ふざけるのはやめよう」、「でも楽しんで」と金爆に言い聞かせたという。金爆メンバーも本番では失言しないことを誓って楽屋をあとにした。

 そして紅白のステージでは金爆の出番になると、観客や審査員までもがメンバーの樽美酒研二に似せたお面をつけるサプライズで盛り上がったのである。番組スタッフが調べたところでは、約3000人の観客のうち2700人近くがお面をつけていたという。

 二度の失言で「NHK側から厳重に注意された」という金爆だったが、華やかでおもわず笑いの出るお面の演出は視聴者からも「会場がひとつになっていた」と好評だったのだ。樽美酒も紅白終了後に『オバマブログ』で、「皆様のおかげで、最高の親孝行をすることができました」と感謝していた。

 ところが感動のステージを終えた金爆メンバーは、和田が紅白関係者に「あんなすごい演出してくれるなら、私だってお○ん○んくらい言うで」とぼやいていたのを耳にしてしまったのだ。番組で彼らの証言が紹介されると、和田は「確かに言いました」と認めたのである。
 
紅白には何度出ても緊張で震えてしまうという和田アキ子だけに、実際にはサプライズ的な演出は無理だろう。それでも、そんな冗談を口にするほど金爆のステージは彼女の胸に響いたようだ。

(以上、Techinsight Japan より)




お前の演出は、どうなんだ?


 実に和田アキ子という人間の独善的な所、押し付けがましい所が、良く見える記事である。

 
 本人の言にもあるように、紅白歌合戦に出場に賭ける者も居る。親孝行でもある。

 しかし、お涙頂戴の場ではなく、お祭りである筈だ。


 追悼の意というものは、各々が深く静かに胸の内で悼むもの、通夜や葬儀、追悼イベントを過ぎてなお人前で 「追悼してます、追悼してますよ」 と口に出すのは、これまた下品な行いではないか。

 個人が生前の故人といくら親交が有ったか、それは観客には関係の無い事である。

 もちろん、森光子や勘三郎の逝去は一般大衆にも非常に悲しい出来事であった。

 
 しかし、わざわざ生前の姿を投影し 「泣かないで唄うようボイストレーニングにも行き(本人談)」 までして唄わなければならなかっただろうか?

 他に持ち歌は幾らでも有る筈。人を下品と言う以前に、貴女の演出は下品ではないのかと問いたくなった。

 悪いが俺には 「悲しいですよね、寂しいですよね、でも涙を堪えて唄うワタシを見てちょうだい♪」 としか見えなかった。

 故人がダシにされたような感を受けて、不愉快でもあった。

 
 もし、本人の耳に届く可能性が有るなら、こういう感想を持った者も居たのだと知って、以後は口を謹んで頂きたい。

 人の振り見て、我が振りをイグレシアスである。










投稿者: ぐっちゃん

[編集長-つぶやき]

 フリオ・イグレシアス というと、何故か? なとり のさきいか・あたりめを思い出してしまう。(笑)


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



フリオイグレシアス

♪ナタリ~ クマハ~リタ、ヤンパラヤンヤンヤン♪
[ 2013/02/04 18:37 ] [ 編集 ]

フリオ・イグレシアスって何であんなに流行ってたんだろう?
俺の母親も当時は狂ってたぞ。
[ 2013/02/04 20:55 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5440-972655c2