上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画監督・大島渚さん死去 80歳 映画へ執念、最後まで テレビで「バカヤロー」発言も

 日本映画の存在を国内外に発信し続けた大島渚さんが15日、亡くなった。カンヌ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞するなど“世界のオオシマ”の評価を獲得。討論番組でのユニークな言動でお茶の間にも浸透した。晩年に脳梗塞(こうそく)に見舞われたが、半身マヒをリハビリで克服して現場に復帰し、映画製作への執念は最後まで健在だった。

 「死のふちをのぞいたから、この映画ができたと思います」。平成11年末、映画「御法度」がようやく公開にこぎつけたとき、大島さんはこう語った。

 「マックス、モン・アムール」以来、約10年ぶりの新作として製作発表が行われたのは8年1月。その1カ月後、映画100年祭で講演する北アイルランドに向かう途中、ロンドン・ヒースロー空港で脳梗塞のために倒れ、製作は約2年間にわたり中断した。

 右半身マヒや言語障害の後遺症が出たが、大島作品に数多く出演した妻の小山明子さん(77)らの支えを受けながら懸命なリハビリを続け、「御法度」のクランクインでは車いす姿でメガホンをとり、見事、現場復帰を果たした。

 安保闘争を扱った「日本の夜と霧」(昭和35年)の上映中止をきっかけに松竹を退社した後も、日本映画の最先端を走り続けた。

 51年には日仏合作「愛のコリーダ」が公開。過激な性描写をめぐり、映画のスチール写真などを掲載した単行本を警視庁が摘発、大島さんも刑事被告人として法廷に立った。そこで大島さんは「私は『芸術かわいせつか』という論議を否定する。私にとって、わいせつは存在しない」と真っ向から起訴事実を争い、最後には無罪を勝ち取った。

 1978年のカンヌ国際映画祭で最優秀監督賞を獲得した「愛の亡霊」をはじめ、「戦場のメリークリスマス」「マックス、モン・アムール」など、世の良識を逆なでするかのように、性、暴力、犯罪などを通して戦後民主主義の虚妄を鮮やかに突いてみせた。

 映画製作の一方、日本映画監督協会の理事長を昭和55年から平成8年まで務めた。「テレビは映画よりはるかに影響力がある」とも語り、コメンテーターとして積極的に出演。討論番組「朝まで生テレビ!」では、生放送中に「バカヤロー」と共演者に怒りをぶつけ、番組を盛り上げた。

 遺族によると、最期は小山さんと長男らが看取ったという。

(以上、産経新聞 より)




安らかに


 口が悪くて申し訳ないが、

 ずいぶん永くヨイヨイだったし、痴呆も相当あっただろう。

 せめて、最期は安らかだったと思いたい。


 奥様も長い間、御苦労様でした。










投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 この人が、いなかったら 『戦場のメリークリスマス』 が、なかったから、

 俳優ビートたけし も 映画監督北野武 も存在しなかったんだなぁ。 と、つくづく思います。

 

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2013/01/17 23:00 ] Menu:07 ニュース です YO! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5444-769ecfa9