江戸東京博物館 (東京都 墨田区 両国)

 わたくしは、一度行ったことがありますが、まだ行ったことがない かみさんのたっての希望で、江戸東京博物館に行くことになりました。


 銀座から歩いて有楽町駅に行き、山手線で秋葉原へ、JR総武線に乗り換えて両国駅で下車。JR両国駅のすぐ近くに江戸東京博物館はあります。





実物大に造られた 「お江戸日本橋」
実物大に造られた 「お江戸日本橋」


入口を入るとすぐにこの江戸日本橋が現れます。


 この橋を渡ると、まるでタイム・スリップしたかのように江戸の町に迷い込みます。(笑) 


 館内は、江戸・東京・通史の三つのゾーンの分かれていて、江戸時代から明治期、戦中・戦後、そして高度成長期までを、びっくりするくらい精巧に造られたジオラマや忠実に復元された展示品で、時代ごとの江戸・東京を詳しく紹介しています。

 いや~、本当に見応えがありますね。素晴らしいです。 





和太鼓の演奏会
和太鼓の演奏会


この日は、江戸東京博物館の期間限定企画 「伝統芸能ウィーク」 の中から、迫力ある和太鼓の演奏会がありました。

 
 初めて江戸東京博物館に来たかみさんは、館内をじっくり、ゆっくり観て歩いていました。

 二度目だった、わたくしは、館内をさらっと観て、あとは、迫力ある和太鼓のパフォーマンスをずっと観ていました。

 全然飽きなかったですね。迫力あるパフォーマンスに感動しました。



和太鼓演奏 (江戸東京博物館)

(時間帯や接続状況により動画が視聴できない場合は、時間が経ってからどうぞ)







原寸大に復元された銀座煉瓦街の 「朝野 (ちょうや) 新聞社」。朝日新聞社ではありませんよ!(笑) 



「朝野 (ちょうや) 新聞社」
「朝野 (ちょうや) 新聞社」

銀座煉瓦街の精巧なミニチュア
銀座煉瓦街の精巧なミニチュア 


朝野新聞 は、明治26年まで東京で発行された民権派の政論新聞だそうです。


 社屋は、現在の銀座六丁目 (銀座和光のところ) にあったそうです。

 当時の銀座は、多くの新聞社が集まりジャーナリズムの中心地となっていたとか。。。


 啄木もジャーナリズムの街で働いていたのですね。。。。。


 「京橋の 瀧山町の 新聞社 灯のともる頃の いそがしさかな」 (石川啄木 『一握の砂』 より)

 
 → 「啄木歌碑 (東京都 中央区 銀座)」 (Anthony's CAFE 2014/11/28) を参照のこと。




 → 江戸東京博物館 HP









 
投稿者: 霧島

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



私もここ行ったことあります
膨大な展示物でした
私は、時間がなかったので、数時間で見て回りましたが、
本当に見ようと思えば、丸一日かかるでしょう
[ 2014/12/24 00:25 ] [ 編集 ]

どうもです。

おっしゃるとおり!! ここをまともに丁寧に観たら丸一日かかるな!!ほんとです。(爆)

江戸風俗研究家で江戸東京博物館開設にも深くかかわった
杉浦日向子さんって人がいたんだけど、若くして死んでしまったべ。
オレとほぼ同世代! 好きだったのになー!!残念!

昔やってたNHKの「コメディーお江戸でござる」にも風俗解説者として
出でたべ。いやーー、これは勉強になったなー(爆)

やっぱ、当時の江戸は、全てにおいて世界ナンバーワンの都市だったな!!

杉浦日向子さん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E6%B5%A6%E6%97%A5%E5%90%91%E5%AD%90
[ 2014/12/24 08:14 ] [ 編集 ]

杉浦日向子さんが関わっていましたか
杉浦さんの漫画は週刊誌で読んでました
ビッグコミックだったか、コミックばくだったかな
後年は、NHKで江戸文化の解説をしてたの、覚えております
お江戸でござるも
[ 2014/12/29 09:27 ] [ 編集 ]

元妻が杉浦日向子の漫画が好きだったんで、一緒に全作品を読みました。

 僕は江戸の風俗に関するエッセイを読み漁りました。

 
 彼女ほど江戸を愛していた女性はいなかったんではないでしょうか。
[ 2014/12/31 16:12 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5515-19bd74c4