コスモスの種 (詩)

遠い街 希望を持って

新たに旅立つ 晩秋の季節


歩いたあなたのポケットにしのび

その 鼓動を聞きながら

たまに差し出される

その手に 抱かれて


あなたの住む街

あなたの住む家

わたしを そこまで連れて行って

 
飾ってあげる

こころ 揺らしてあげる

赤や 白や 桃色の花


たくさん

たくさん

咲かせてあげるね=^-^=**









投稿者: 浅葱斑

(初出:2005/09/16 )

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2014/11/28 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(1)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



旧ブログでの初回掲載時には、こんなコメントをいただいておりました。


Anthony 2005/9/16 15:47

 僕は種っていうのにパワーを感じます。

 凝縮されて詰まっているものが、無限に拡がっていく、そんなイメージが・・・


浅葱斑 2005/9/16 21:43

 にゃんは 花の種になって好きな人のポケットに入り込みたい~*^-^*

 そしてその庭の片隅でいいw

 咲いて咲いて 種をいっぱい零してね~

 家の周りにたくさんの花を飾りたいわあ~

 =@。@=**ぽぽw


[ 2014/12/24 17:33 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5516-65cd7697