つぎはぎ の こころ (詩)

つぎはぎのこころ
Photo by Asagimadara



水の中に張り出した

薄い氷を手にとって

パリンと割ってみる


割れた切り口はささくれ立ち

削ぎおとりたばかりの刃が光る

真ん中が皿のように薄い


つぎはぎだらけの 切ない心


割れて手のひら

残った氷は隙間をぬって

手の平から零れ落ちる


両側から

氷解していくわたしがいる

うつろい気味な今朝の寒さ


四季咲きでもないのは

あの浅黄色のバラの花

こまい粒の鏡を持って頭をたれ

ため息をつく


ちょっとだけ 寂しいね










投稿者: 浅葱斑

(初出:2005/12/29 )

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2014/12/26 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5545-e3fba22f