BARの片隅で (詩)

冷えきった体を彷徨う夜の街

BARの重い扉を開けると

暖かい笑顔のマスターが出迎える


停まり木に座り 「ホット・ラム」 とオーダーする

「ダークで?」


マイヤーズに手を伸ばすマスターに

「いや、今夜は白いので」


ヤカンに火を着けロンリコを注いでくれる

やがて湯気がともる銀色の取手がついたタンブラーが運ばれ

俺は一息をつく


木のぬくもりのするBARの片隅で












投稿者:Nao

(初出:2008/02/17 )

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/24 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5574-d402da8f