山吹の道 (詩)

山吹の道
Photo by Asagimadara



延々と続いていく

どれひとつとして同じもののない若草色

萌える樹木のトンネルを潜って

鳶の声に導かれて


雪解け水は 竜山川

万延に湛えながらせせらぎが進んでいく

麗しきものは輝き

来たよ

来たよ

今年も


わたしの胸の中にある

角を失ったその星

ほんの少しの時間の中で

頭を垂れて

しっとりと香ってくるのだ


冬の厳しさに痛んだものが

やたら上を目指して登ってくる

山吹の光を頂に

汗をかきながら列を作るよ


さあ 歩こう

さあ 歩こう

この細い道

生命の息吹を確かめに

山吹を追いかけて


生まれ変わるために

登っていこう











投稿者: 浅葱斑

(初出:2008/04/04 )

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/03/24 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5623-eb78bf20