千人は入れる仙人風呂 (短歌)

陽の光 湯面に揺れて 黄金色 

熊野路の川 仙人の風呂






*愛車を廃車するまでは、和歌山県本宮市の川湯温泉に毎年のように行ってました。

 温泉街の前を流れる川底から温泉が湧き出てくるので、シャベルなんかで少し掘ると即席の露天風呂になります。

 冬の間は、重機を使って川を堰き止めて、巨大な露天風呂 「仙人風呂」 が出現します。

 そこで、真昼間からビールを飲みながらの風呂三昧。

 
 「嗚呼、もう一度、行きたい!」 って思って、家でビールを飲みながら詠みました。(笑)












投稿者: 庵祖兄

(初出:2005/05/02 )

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/05/11 23:30 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(2)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



良い趣味だね~!!確実に誰も来ないなら露天風呂入りたい!!ワシ、女湯でも他人と一緒に風呂入るのヤだもん(笑)。
[ 2015/05/18 19:26 ] [ 編集 ]

831 さん、

 独りでのんびりと風呂に入るのもいいんですが、でっかい露天風呂でワイワイやるのも好きなんですよ。

 ここは、水着か浴衣を着用しての混浴ですが、酒飲んで入ってもいいから酒飲みには嬉しいどすえ。
[ 2015/05/20 00:56 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5664-41487e42