上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大英博物館展・ルーブル美術館展

東京都美術館で開催されている 「大英博物館展」 と国立新美術館 の 「ルーブル美術館展」 を観てきました。 


 スキー、スノー・ボードも、トレッキングもしない かみさんとの共通の趣味は、温泉旅行や美術館、博物館、記念館巡りなのです。






東京都美術館 外観
東京都美術館 外観



東京都美術館は、上野恩賜公園内にあります。







大英博物館展のポスター
大英博物館展のポスター



大英博物館展は、第一章 「創造の芽生え」、第二章 「都市の誕生」 などテーマごとに、約100点の出品がありました。


 想像以上に見ごたえがありました。 


 皆さんのお目当ては 「ロゼッタ・ストーン」 (レプリカでした) と 「ウルのスタンダード」 のようでしたが、わたくし的には、約130万年前の握り斧(タンザニア、オルドヴァイ渓谷出土) やエジプトの 「ラムセス2世像」 などもすごいと思いました。

 まさか、本物を観られることができるなんて思いませんでした。


 でも、やっぱり、ロゼッタ・ストーンのレプリカは残念でした。

 本物を観たかったら、 「英国に来い!」 ということでしょうか?(笑)





 → 大英博物館展 100のモノが語る世界の歴史 HP







国立新美術館 外観
国立新美術館 外観



港区六本木にある国立新美術館の正面です。 


 複数の企画展が同時に開催できる規模の、とんでもなく巨大な美術館でした。







「ルーブル美術館展」 「マグリット展」 のポスター
「ルーブル美術館展」 「マグリット展」 のポスター



国立新美術館では、「ルーブル美術館展」、「マグリット展」 など複数の企画展が同時に開催されていました。


 みなさんの最大のお目当ては、日本初公開! の ヨハネス・フェルメール の 「天文学者」 です。     


 ルーブル美術館展は、平日だというのにかなり混雑していました。

 どちらかというと団塊の世代風な方が多かったですが、若い方もけっこう観に来ていました。

 ルーブル美術展は、いわゆる 「名画名作」 が少なく、ほとんどが17世紀ヨーロッパの庶民の生活の様子を題材にした、いわゆる 「風俗画」 でした。

 当時のヨーロッパの庶民の暮らしや風俗がよく分かり、非常に興味深かったです。





 → ルーブル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄 HP












投稿者: 霧島

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



みなさん どうもです。

いやー、江戸・東京はホントいいな!素晴らしべ!
行く度に新しい発見があるな!(爆) 

今度行ってみたいのは、中央区の明石町だべ。聖路加ガーデンがあるところだ。
ここは、外国人居留地だったところで、ミッションスクールの立教、青山、明治学院などなど
みんなここで生まれたのだ。 あと、芥川龍之介が生まれたのもここだべ!


聖路加国際病院があったので、東京大空襲も免れたのだ。 トイスラー記念館も見てみたいな!

https://www.city.chuo.lg.jp/info/bunkazai/bunka073.html
[ 2015/05/10 21:32 ] [ 編集 ]

僕は、マグリット展に行きたい!
[ 2015/05/11 01:09 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5667-a7b96b37