脆さ (詩)

脆さ
Photo by Asagimadara



なんて弱い生き物なのだろうかと

時折 哀しみが胸を貫く


水を取り替えるのを忘れた夜

また哀しみが胸を襲った


わからない事が多すぎて

丸投げをするには 恐れおおく

半眼を伏せて考える床の中


銃を向けられた水鳥のように

終わりを告げられた者のように


後悔はすまいと

誓いをたてながら 後ろばかり気にしている


考えることをやめにしたい

けれど まだ息をしている


物がまだ見えて 耳が聞こえるから

明日の朝はお日さまに出会えるのか


雨に濡れたなら

少しは綺麗になれるのか


庭が明るくなれば

悪夢は覚めるのだろうか


前向きに歩きたい

乗り越えるだけの力が欲しい


わたしの鞄には神様がいる

たまに覗くと笑っておられる


弥勒菩薩のように

幼子の幸せを考えている


名を唱えよ


とても頭をあげられぬので

伏し目がちで懺悔をしながら











投稿者: 浅葱斑

(初出:2013/05/06)
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/04/23 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5671-4073a33a