小さな営み (詩)

小さな営み
Photo by Asagimadara



鉢いっぱいに咲き誇る

五年越しの桃色のもりかご


緑の光沢が子を育て

いのちの水が潤いを与え

生まれてきた こころ


こころが 咲いたよ

その上に乗る 御佛の光


一本の茎が枝分かれして

ひとおつ ふたあつ

あっという間に満開になる


みんな一緒

支えあって暮らしている

護られて生きている


ひと花 落ちようとも

あとから あとから

負けまいと生まれてくる

小さな営み


ずっと繋がっていけばいい











投稿者: 浅葱斑

(初出:2013/05/08)

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/05/08 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5709-c25ce455