上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

木漏れ日の人 (詩 )

傷ついたとき

砕けてしまいそうなとき


言葉がほしくて

あなたにもたれる


木漏れ日の下で うたた寝をするように

あなたの胸に 耳を寄せる


嫌なこと

悲しいこと 忘れたくて


うなだれてみる

子供のように


すると

こころは 浄化されて


不思議だね

本当に

不思議だね











投稿者: 浅葱斑

(初出:2005/07/03)

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/07/16 23:52 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(1)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



旧ブログでの初回掲載時には、こんなコメントをいただいておりました。


英泉 2005/7/3 17:45

 ある意味、人生は暗く閉ざされた森の中をゆくようなものかもしれない。

 自分が苦境にあるとき、ふっと差し込む木漏れ日のような人の存在は、生き続けよう、運命と戦い続けようとする者を支えてくれる。

 木漏れ日は、いいですね。


浅葱斑 2005/7/4 10:05

 =^-^=:: 恐れ多いお言葉をありがとうございますにゃん@v@::

 ちょっと最近は「こころが止まらない」状態で躁病を患っております><::

 木漏れ日の涼しさとその温かさがちょっと恋しいかな~=^-^=::

 心がほっとする空間が夏の暑さの中に欲しいですね=^-^=**ぽぽ


Anthony 2005/7/5 3:21

 『風の谷のナウシカ』の腐海を思い浮かべてしまった。

 あ、ついでに虫も思い浮かべてしまった。

 あかん、怖い、ギャー

[ 2015/07/17 00:02 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5773-7deb0302