上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自業自得 (詩)

森深く 谷おおらかに

水清く人々の暮らしを豊かにせん


太陽きらめき なれど雲厚し

古より続く大いなる恵み


今、我の手によりて破壊す


天は周り 天は関せず

天より来たる仏呟く

それ自業自得なり












投稿者:Nao

(初出:2008/06/30)


[編集長-ひとこと]

 鬱の襲われて病床にあっても、故Naoさんの心は、常に奈良県吉野郡の山々にあった。

 そして、その山々を守る為の環境運動。

 しかし、その山々に行くために大量の燃料を使って自動車で行くという事の矛盾も常に口にしていた。

 この詩は、そういう自己矛盾に対しての詩だったのかも・・・

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/08/04 18:23 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(2)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



自業自得

 かなりお久し振りのコメント致します。

 Naoさんのこの詩を読む限りに於いて、
「自業自得」とは、人類の愚行による環境破壊を指すのでしょう。
けれど、Naoさんと一緒に吉野の山々を回ったAnthony 編集長の洞察のように、
自身の自己矛盾も潜在意識にあるのかも。
詩を書いた時点現在のNaoさんの納得のいかぬ自業自得の境遇の事も根底に流れているかな。

 最近自分も自業自得が身に染みて・・・・
[ 2015/08/04 22:13 ] [ 編集 ]

雑草Z さん、

 環境破壊は、人類が存在する限り避けて通れない問題ですが、少しでもそれを食い止めようとする個々の思いが重要ですね。

 Naoさんと車で吉野に行っていたときは、いつも車中でそういう話をしていました。

 
 でも最近、個人の力の限界というものに打ちひしがれております。。。
[ 2015/08/06 00:20 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5794-dc96b7f3