花火の夜 (短歌)

川沿いで 揉まれ疲るる 花火の夜 

冷ゆる麦酒と その泡に癒え













投稿者: 多雨中微子

(初出:2005/08/02)
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/08/09 23:57 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(1)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



旧ブログでの初回掲載時には、こんなコメントをいただいておりました。


庵祖兄 2005/8/3 1:14

 天神祭の夜のことかな?

 甚平を着てカメラを胸から何台もぶら下げてたような。



多雨中微子 2005/8/3 10:08

 ははは。そうです。

 花火見物の時は都島辺りで揉みくちゃ状態に巻き込まれ、身動きができない、暑苦しかったりで大変でしたわ・・・・。

[ 2015/08/10 01:03 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5801-cc2ba061