上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

燈花会  春日野園地 (短歌)

燈花会  春日野園地
"To-kae(Kasugano-enchi)" Photo by tau_neutrino



まほろばに 集う人と 灯花(あかりばな)

祈りとともに 咲いて輝く













投稿者: 多雨中微子

(初出:2005/08/30)

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/08/24 23:45 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(1)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



旧ブログでの初回掲載時には、こんなコメントをいただいておりました。


英泉 2005/8/31 14:04

闇の中に点る灯火を見ると、ほっとしますね。

それも、これだけの数があると、「あんた、元気出して頑張んなさいよ」と、励まされているような気がします。

いいですね、素敵ですね。


庵祖兄 2005/8/31 15:37

 こんな優しい雰囲気の中で死んだ人が帰ってくるというストーリーの映画を見たことがあります。

『異人たちの夏』。片岡鶴太郎と名取裕子が異人(死者)の役だった。


多雨中微子 2005/8/31 21:24

 >「異人たちとの夏」

 ありましたね。多雨中微子はTVで見た事があります。何時だったか、10年位前だったかなあ・・・・・。

 映像が綺麗でしたね。

 あの映画はDVD化されていないのかな・・・?


 >闇の中に点る灯火を見ると、ほっとしますね。

 優しくて暖かい光なので、ほっとしますよね。

 見物&撮影しながら、場所によっては幽玄な雰囲気であったり、風情や懐かしさを感じたりする数多の燈火に癒されたりしましたね。

[ 2015/08/25 12:59 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5821-1ee98083