ネガティブで行こう! (ショート・ストーリー)

これは、フィクションでごじゃるよ。


 やっとの思いで完成させた随筆の原稿をテーブルの上に置いていたら、一匹のアリがやってきて、原稿の上でウロチョロし始めました。
 
 「アリ来たり」 と駄目出しされている気分。
 
 落ち込みました。

 
 自分の夢を追いかけていたら、いつの間にか自分が老いかけていることに気付きました。
 
 落ち込みました。












投稿者:クロノイチ


することがないので、一人で双六をやることにしました。

 四が出ました。「四だ」
 
 四マス進みます。
 
 五が出ました。「五だ」
 
 五マス進みます。「振り出しに戻る」でした。

  「四の五の言うな」と怒られた気がしました。
 
 落ち込みました。

 
 三が出ました。一マス戻ります。 「ろくでもないやつめ」と言われた気がしました。
 
 落ち込みました。

 
 一が出ました。また一マス戻ります。 「この三下の最低野郎」と言われた気分です。
 
 落ち込みました。


 六が出ました。「一回休み」
 
いったいいつまで休めばいいのでしょうか。
 
落ち込みました。
 

 何をやってもうまく行かず、毎日が苦しいので、宗教にでもすがろうと思いました。どんな宗教が相応しいか迷っていたら、ある夜、仏様が夢枕に立ってこうおっしゃいました。

  「仏教がよかろう。お前は無器用だからな」

 理由もなく落ち込みました。

 
 出家しようと思い立ちました。得度の儀式を受けなければなりません。髪の毛を剃らねばと思いましたが、すぐにその必要がないことに気付きました。

 自分は若禿げで、とっくの昔にツルツルになっていたからです。

 ちなみに僕の名前は鶴野光。親を恨みます。
 
 落ち込みました。

 
 出家して、仏弟子としての名前を和尚さんにいただきました。名前は「鶴林」です。

 「かくりん」と読むのですが、みんな「つるりん」と呼びます。
 
 現在進行形で、落ち込んでいます。




*「落ち込みました」 に 「オチ」 という言葉をうまく引っ掛けて、このネタの落ちにしようと思いましたが、何も浮かびませんでした。
 
 落ち込みました。

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/08/25 23:47 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5825-188900f5