台風 (詩)

七月の 台風の分厚い雲が

仙台湾上空に張り出した今日


空は鉛色で 

海は白い波頭を鋭く主張している


広がる海に 浮標のように漂う記憶

たそがれの海に 哀しさが染み込む


やれやれ 今日もまた 

夢の途中か 

旅の途中か・・・













投稿者:霧島

(初出:2007/07/14)

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/09/01 22:50 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(4)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



みなさん どうもです。

「台風」と言うと、はっぴいえんどの「風待ちろまん」に入っている
「台風」(大瀧詠一)を思い出すベ。名曲だなー!(爆)  ↓

https://www.youtube.com/watch?v=n7wFielRTKs
[ 2015/09/03 17:23 ] [ 編集 ]

みなさん、どうもです。

この詩は、我ながらけっこう気に入ってる詩だべ!(爆)

七ヶ浜町の防波堤でイシモチ釣りをしていた時の情景だな。
七月の台風なんて珍しいべ!! 台風の影響でさっぱり釣れなかったが・・・・(爆)
[ 2015/09/03 20:17 ] [ 編集 ]

みなさん どうもです。

ちなみに、「浮標」とはブイのことだべ。知らない人のために・・・(爆)
波力発電ブイなんてのもあるな。

賢治も波力発電を考案しているべ!

http://www.zenilite.co.jp/engi/doing.html
[ 2015/09/03 20:52 ] [ 編集 ]

僕にとっての台風は、工藤夕貴主演、相米慎二監督の映画『台風クラブ』かな・・・(笑)

[ 2015/09/04 01:34 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5838-5e71e819