ひめさゆり (詩)

乙女の微笑み

前かがみに 傾いて


桃色の君は

恥ずかしそうに目を伏せる


野山にひっそりと咲く

君の姿に 恋ごころ


ときめいた時 花びらは

少しばかり捲れ上がって

唇から愛がこぼれる


朝露が光るのは せつないから

どうぞ
 
この手を離さないで


恋は ときにはもたれかかり

わたしはきれい?

と 問い掛ける


今日は 少しばかり横向きで

一人静に香っていたい












投稿者:浅葱斑

(初出:2007/07/17)

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/09/01 22:57 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(1)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



みなさん どうもです。

絶滅危惧種のヒメサユリ、別名 乙女ユリ!
野生種は、東北南部の山岳地帯でしか見ることができない貴重な花だべ。
東北の固有種だな。   ↓

http://tf.cocolog-nifty.com/skier/2014/07/post-ccb6.html

http://tf.cocolog-nifty.com/skier/2014/07/post-d1f1.html
[ 2015/09/03 17:29 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5839-56ce032e