上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

特大家族 第一章 「アレ」 の達人 その1 (小説)

西暦二〇一一年 (IN ANOTHER WORLD)  六月十日(月) 

 
 南波(ななみ)市の中心に位置する北陸州立鳳凰台(ほうおうだい)高校。

 角目四灯の古びたマイクロバスが正門の前に停まると、一人の女生徒を乗せて走り出した。バスの両側面には 「源泉掛け流しの宿 御伽郷(おとぎごう)温泉 あかりや荘」 のロゴがある。

 どこをどう見ても温泉旅館の送迎バスそのものだ。しかし、その旅館は今や存在していない。経営難のため三年も前に廃業しているのである。

 
 既にバスには制服の異なる高校生が四人乗っていた。衣替えになって十日。夏制服の白さが眩しい。内訳は男が一人、女が三人である。四人は離れた席に座り、それぞれスマートフォンをいじったり窓の外の景色をぼおっと見ていたりしていたが、女生徒が乗り込んでくると、一斉に彼女に視線を向けた。











投稿者:クロノイチ



「ただいまっ!」

 元気の塊のような声が響き渡る。女生徒はバスの中を見渡しながら全員に屈託のない笑顔を向けた。彼女の名は宮城楓(くじょう・かえで)。州立御三家と呼ばれる名門進学校の一つ、鳳凰台高校の普通科一年生だ。腰近くまで伸びた真っ黒なストレートロングヘアとスレンダーな長身。クールビューティという言葉がぴたりと当てはまる整った顔立ち。それとは裏腹に、細かい仕草や表情の一つ一つにやんちゃな子供を想起させる独特の雰囲気があり、パッと見、秀才とかエリートとかいうイメージとは無縁である。どちらかというと、エネルギーのあり余ったお転婆娘の印象の方が遥かに強い。

「おかえりぃ」

「おかえりなさい」

「おか……りなさい……」

「よっ、おかえり」

「おかえりなさいませ」

 運転手を含む五人と和やかにアイコンタクトを交わすと、楓は一人の手招きに応じて、その隣の席に座った。左側の三列目で、他の生徒よりかなり前の席だ。

「ハーイ、千春。あんた、いつもこの便に乗ってるんだっけ?」

 楓が親しげな軽い調子で、隣のナチュラルショートヘアの女生徒に問いかける。

「そやよ。第一便ばっか。帰宅部やからね。そっちは珍しいちゃあ。普段は大抵最終便やろ? 今日っちゃ、ピアノのレッスンなしやったがけ?」

 ショートヘアの女生徒──州立松鷹(しょうよう)高校普通科二年の七瀬千春子(ななせ・ちはるこ)が地方の訛り全開で応じた。黒目勝ちのくりくりとした目が印象的だ。小柄でかわいらしく人懐こい感じの彼女は、見るからに誰からも好かれそうなタイプだった。しかも、なかなかの優等生である。松鷹高校は州立御三家に次ぐレベルに位置し、毎年十名前後の東大合格者を出す進学校だが、彼女はそこでトップクラスの成績をキープしていた。

「教室でのレッスンは毎週火曜日。それ以外の日は全部自主練よ。先生が練習場所をタダで貸してくれるっていうんで、ありがたく使わせてもらってるだけ。学校からも近いしね」

「あ、そうやったんけ。学校のある日はほとんど教室に通ってるって話やったから、偉いなあって思っとったんやちゃ」

「ウチの中じゃ、宿題とか予習とかが気になって、なかなかピアノに集中できないのよね」

「で、今日はどうしたん?」

「ちょっと日頃の練習の疲れで手首が痛くってね。先生も『無理はきんモつ、シっかり休養をとっタほうがいいでスヨン』って」

 楓が大して痛そうな顔もせず右手首を数回振る。

「あ、その喋り方、あのセンセにそっくり。センセの喋り、ホントに特徴的やよね」

 千春子は周囲を気にする様子もなく大声でケラケラ笑った。

「あれ、千春、先生に会ったことあったっけ?」

「こないだ、ピアノの定期発表会、あったやろ。かえちゃんがトリを務めたやつ」

「あ、ウチの教室のアレ、聴きに来てくれてたんだ。そっか。あの時に先生の挨拶を聞いたのね」

「うん。テンプレの挨拶なんに、面白い口調のせいでなんかずっと耳に残る感じやったわ」

 千春子の言葉を聞いて、楓は「ああ、あれはね」と急に訳知り顔になった。

「昔、日本に留学していた時に住んでた地方の訛りらしいわよ。言葉はほとんど標準語なのにイントネーションやアクセントは関西弁に凄く近いんだって」

「え、そんなとこあるんけ? わたし、てっきり……」

「ん? 何?」

「関西弁のキツイとこで日本語覚えたガイジンが、頑張って標準語使おうとしてこんがらかっとるんかと」

「何言ってんの、そんな……。──あれ? ──あ!」

 楓は愕然とした表情を浮かべ、しばし口を閉じるのを忘れた。

「やっぱ、マジ大当たりけ?」

「今さらなんだけど、山ほど思い当たる節があったわ。うっわあ、今の今まで騙されてたっ」

「かえちゃん、他人の言ったことをホンマすぐ信じるがよね。素直でいい子やちゃ」

 千春子は言葉では楓を褒めていたが、表情はどこか「残念な人」を生暖かい目で見守るような感じになっていた。

「あーくやしい! 時々、先生が喋りにくそうにしてるから、なんか変だな、って思ってたのに」

「違和感はあったがや」

「まあ、ね」

「例えばどの辺?」

「先生、マクドナルドのことを『マクダーナルズ』って言うんだけど……」

「普通にネイティブの発音やないがけ?」

「ところがね、あたしにはどうも、先生が『マクド』と一旦発音してしまった後で、強引に『ァーナルズ』をくっつけてるように聞こえるのよ」

「なるほど。関西っちゃ、マックのこと『マクド』って呼ぶとこやちゃね」

「ええと、それから、こないだね、先生が好きだって言ってたお菓子がうちにあったから、プレゼントしたのよ」

「へえ。──で?」

「先生大喜びして『おおきに……入りなンでスよ、これ』って。その時は当然『お気に入り』を言い損ねただけかと思ってたんだけど。── あとね」

「まだ、あるがけ?」

「レッスンの合間にあたしがちょっとした冗談を言ったら……」

「うん」

「『ナンデヤネン! ──って言イたくナりまスね』と……」

 「センセ、全然、ごまかせとらんちゃ」と千春子が思わずバスの天井を仰いで呟く。彼女の中で、楓が「とことん残念な人」にクラスチェンジした。

「他にも違和感は色々あったんだけど、元々英語訛りも強い人だから、そのせいかなと思って、ついそのままに……」

「へえー、そっかそっか」

「何よ。違和感ていったら、あんたにも前から結構そんなとこあるんだからね」

 楓が悔し紛れに矛先を転じた。千春子が内心をひた隠しにするために作った仮面のニコニコ顔が、よほど気に障ったらしい。

「どこがけ?」

「中学まで東京に住んでたくせに、田舎の言葉に馴染み過ぎ。まだ飽きないの? すっかり板に付いちゃったじゃない。──元はといえば、おふざけで地元民の真似してただけでしょうが」

「まあ、そうなんやけど、パチモン丸出しな感じが友達にゃミョーにウケとってね。『是非そのままで』なんて言われとるもんで、律儀に続けとんがいちゃ」

「千春、それ、面白キャラ扱いされてるだけなんじゃない?」

「構わんちゃ。なーんか、訛りのある生活っちゅうのが、とっても新鮮な気分ながいよ」

「へえ。そんなもんかな」

 楓が不思議そうな顔をした。彼女もまた東京の出身だったが、小学五年生の時に北陸に移り住んでこの方、方言で話したいと思ったことは一度もない。 


続く

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2016/03/10 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5962-e4a08ab6