FC2ブログ

















スイートコーン (ショート・ストーリー)

給食に 「とうきび」 が出た。三分割されたのが一個だけ。


 だけどわたしは「とうきび」が大好きだったので、口にした時に思わずこう呟いてしまった。

「『とうきび』 おいしいな」 と。

 運が悪かったのは、隣の席にいじめっ子のトモがいたことだ。


 トモはあたしを嫌っていて、何かきっかけを見つけてはあたしに絡んでくる。

 トモはクラスのみんなに聞こえるように、大声でこう言った。

「へえー! 『とうきび』 だって。とうもろこしを 『とうきび』 だなんて、どこの田舎出身よ!」











投稿者:クロノイチ


 もちろんわたしだって、とうもろこしが一般的な呼び名だってことぐらい知っている。親の仕事の都合で北海道暮らしが長かったから、「とうきび」 の方が言い慣れているだけのことだ。

 わたしは押し黙った。下手に反論したら、倍の攻撃がやってくる。トモはそれを望んでいるのだ。誰が思い通りになってやるものか。わたしは悔しそうに唇を噛みしめ、相手が怖くて言い返せないふりをする。トモはそれと気付かずに最低限の優越感に浸り、わたしに蔑みの視線を送った。

 別に我慢できる。その程度の屈辱で、身体の痛みや大事な物が奪われる悲しみを味わわなくて済むのなら。今までずっとそうやって我慢してきた。

 でも……。いつまでそれが続くのだろう。いつまで自分一人が我慢し続けなければならないのだろう。

 教室内にトモの意地の悪い高笑いが響き渡る。教室のみんなも追従するように笑った。

 ふと、頭の中に一面の「とうきび畑」が浮かんだ。収穫したばかりの 「とうきび」 に生のままかぶりつく自分の姿が見えた。あの頃の自分は天真爛漫で自由で、恐れを知らなかったなあ。毎日が楽しかった。生きていることがうれしかった。

 あの頃の自分に返りたい。北海道の大地で笑顏で走り回っていた自分を取り戻したい。

 なぜか突然そんなふうに思ってしまった。いや、思えてしまったというべきか。何かのスイッチがパチンと入る音が聞こえた気がした。


 次の日の放課後、わたしはトモを待ち伏せした。トモが一瞬ギョッとした表情を浮かべる。けど、すぐにわたしを見下すような、いつもの嫌な笑顏に変わった。

「何よ」

 訊かれてすぐ、あたしは隠し持っていた 「とうきび」 をトモの胸に突きつけた。

「このとうもろこしは何?」

 トモは不審そうな目をわたしに向ける。完全に目が合った。わたしの目に怯えの色はないはず。不思議がれ。怯えたふりなんて、もうしてやらない。

 わたしはできるだけ落ち着いた口調でこう言った。

「この 『とうきび』 の中にはナイフが仕込んである。あんた、『とうきび』 に刺されて死になさい」

 ヒッ、と引きつったような声を上げ、トモがカバンを落とす。ギョッと見開かれた目。こわばった血の気のない顏。わたしはトモの一瞬の表情を両眼に焼き付けると、ありったけの力で 『とうきび』 を彼女の胸に突き立てた。

「ぐへっ」
 
 胸を突かれた衝撃と恐怖とで、トモは腰砕けになって地面にへたり込んだ。

「馬鹿ね。わたしが人を刺すわけないじゃない。たかが 『とうきび』 一本にそのざま、みっともないわね。普段偉そうにしてるくせに、なんて腰抜けなの」
 
 わたしが蔑むように言ってやると、トモは涙目で唇をキッと噛みしめ、カバンを掴んで逃げるように去っていった。

(あなたの今の顏、演技なんかじゃないわよね)
 
 わたしは満足した。この先、トモがわたしに対してどう来ようとも、さっきの彼女の情けない顏を思い出せば頑張って生きていける気がする。── でも……。

 予感がするのだ。もういじめはなくなるんじゃないかな。きっとトモはわたしの中の危険な部分を垣間見たはずだから。仕返しをすれば今度は何が待っているか、勝手に予測してくれていると思う。

 わたしは落ちていた 「とうきび」 を拾った。もうこれを 「とうきび」 と呼んじゃいけないわね。きれいな思い出はきれいなままにしておきたい。これは、いじめっ子としてのトモを殺した凶器だから。かといって改めて 「とうもろこし」 と呼ぶのも嫌だ。

 そうだ! ── わたしはニヤリと笑った。


 「トモコロシ」 と呼ぼう。



 
 ちょっとダークな感じにしてみました。オチとのギャップをお楽しみください。


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2016/09/23 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(2)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



久々にここの記事を読んで面白くていいなと思ったんだけど...

最後の一行…蛇足
煩い解説で後味悪くなっちゃったorz
[ 2016/10/23 23:00 ] [ 編集 ]

時々 とうもろこし

このショートストーリーは、クロノイチさんの小説の中で一等好きである。最後の一行の前までだけど。
思い出したようにたまに読み返してみた。
これは「トモコロシ」のダジャレから作ったショートストーリーだと思うのだが、それでもそこまでのストーリー展開が読み応えがあって面白い。
余談だけど、私もトウモロコシが大好物で、子供の頃、地元会津では「トウミギ」とか「トウムギ」って呼んでいた。
ストーリー展開が好きなので、最後は『「トモコロシ」と呼ぼう。』で終わっても、その少し前の『「とうきび」を拾った。』で終わってもいいと思う。
でも、最後の解説は頂けない。その一行読んだら、非常に不快になって後味が悪くなった。理屈でなくて感覚。美味しい料理の最後に、不味い水を飲まされたような感覚?または美味しい料理の後に料理人が顔を出して、ゴタクを並べ立てた感じ。折角の美味しい料理が台無し。あくまで感覚なんだけど、2年経って読み返しても、そう感じる。
しつこくて悪いけど、自戒を込めて、何事も最後の一言で全てを台無しにしないように気をつけなければならないと思った。
[ 2018/12/09 10:22 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/6026-fe23817e