上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幻三郎旅日記 第二話 「決闘! 二十四 対 一」 その1 (小説)

弥陀ヶ原幻三郎の行く所、必ず闘いの風が吹き荒れる。


 長年の兵法修行の過程で、あまたの武芸者の命を奪ってきた幻三郎には、彼を仇として付け狙う大勢の敵がいた。


 彼の剣名を伝え聞いて、腕試しにやってくる命知らずも後を絶たない。それゆえ彼は、全国どこにいようと、闘いを挑んでくる相手には不自由しなかった。

 
 時は元和四年(西暦一六一八年)、夏。大坂夏の陣において豊臣家が滅亡してから、三年が過ぎている。江戸幕府の統治の下、日本に長い泰平の時代が訪れつつあった。

 それでもなお、幻三郎の周囲では、常に戦国の時代の血生臭い風が、相も変わらず吹き続けているのである。












投稿者:クロノイチ


 岬護幽一郎を倒し、衛士の村へ向かう弥陀ヶ原幻三郎は、思わぬ邪魔者に付きまとわれていた。それは、正真正銘の風。彼の後ろより吹き過ぎては、すぐまた正面から吹きつけてくる奇妙な風だ。
 
 幻三郎はその正体を知っている。神になろうとした男のなれの果てである。単なる風鳴りが彼の耳にはなぜか声として響く。いささかなれなれしい感じのする声だった。

「いい加減にしろ!」
 
 誰もいない道で、幻三郎は憤然として怒鳴った。先刻の闘いで「奥の手」を使わされてしまったことを、今だに引きずっているらしい。「奥の手」 を出すことは、彼にとって大いなる屈辱であり、過去の心の傷口をこじ開ける行為なのだろう。そして、全ての元凶が自分にまとわりついているのである。虫の居所がよかろうはずもなかった。

〔まあまあ、そうカリカリしなさんな〕

 ヒューヒューという風音の中から、幻三郎はそんな能天気な声を聞いた。

「黙れ!」

〔黙れ、ったって俺に口はないよ〕

「俺の頭の中に語り掛けるな、岬護幽一郎!」

〔だから岬護幽一郎は死んだって。俺は自由な風さ。風に名前は要らんよ〕
 
 幻三郎は、けっ、と吐き捨てるような声を発した。

「何が風だ。出来の悪い幽霊ではないか」

〔おいおい。幽霊なんかと一緒にするなよ。あれは死んだ瞬間の意識が、死の際に放出された生命の気に固着したもんだ。言わば精神の残骸。生前の心と記憶をそのまま受け継いだ俺とは、格が違う〕

「生前の心のままだと?だいぶ崩れているぞ」
 
 憎悪と皮肉が入り雑じった口調である。

〔ちょっとした心境の変化さ。無理やり背負わされていた重い荷物が、なくなっちまったんでね。身体が軽いと心も軽い〕

「浮かれるな!」

〔まあまあ。落ち着けよ〕

「お前がどこかへ行ってくれたらな」
 
 風はいやいやをするように、幻三郎の周りでくるくると渦巻いた。

〔身体が拡散するのを防ぐのに、かなり力を消耗するんだ。あんたの発散する尖った剣気がそれを補ってくれる。―― 悪いがずっとそばにいさせてもらうぞ。よろしくな〕
 
 とても 『自由な風』 が吐いたとは思われぬ言葉である。

「やめろ!俺は貴公自身の仇だぞ!」

〔確かに岬護幽一郎にとっては、あんたは『敵』であり『仇』だがね。今の俺にはどうでもいいことなのさ〕

「悪霊め!」
 
 怒りが極限に達した幻三郎ではあったが、何しろ相手は風。最強無敵の剣の遣い手といえども罵るのが関の山だった。

〔悪霊とは心外だな。姿を失い神通力もないけど、かなり神に近い存在にはなれた〕
 
 風音がムッとしたような低い音に変わる。しかし、どこかしら残念そうな響きも混じっていた。死の寸前の自分を省みて悔やんでいるのだろう。最期の時、岬護幽一郎は、神への転生を決意していながら、最後の瞬間、勝利を捨てきれぬ必死の剣を放っていた。一瞬の邪念。それが神への道を閉ざしたのである。

「けっ!」
 
 再び吐き捨てるような声を発して、幻三郎は駆け出す。一刻も早く風の入らぬ場所へ。それが彼のせめてもの抵抗なのだろう。

 それから半刻。衛士の村に着いた幻三郎は、霧ヶ谷一風斎の屋敷へと直行した。先刻の座敷へ入り、一風斎と向き合う。風はついてきていない。縁の下の方でごそごそやっているようだ。

「人払いは済んでおる。首尾は?」
 
 慌ただしく一風斎が尋ねてきた。今度は茶も出ない。

「斬った」
 
 幻三郎がぶっきらほうに言う。

「おお。よくやってくれた」
 
 緊張していた一風斎の表情が一気にほころんだ。

「して、亡骸は?」

「沼のほとりだ。首は沼の底に沈んでいる」

「そうか」

「報酬をもらおう」
 
 唐突に幻三郎が用件を切り出した。地鳴りのように低い、機嫌の悪そうな声だ。顔を他人に見せない彼は、時折、感情を表すのに適した声質をわざわざ作る。

「ん?」

「約束を果たせ」

「……」
 
 鋭く強い口調に押され、一風斎の顔から笑みが消えた。

「―― わかった。天ヶ原へ行け」

「天ヶ原?」

「村を突き抜けて隠し道を真っ直ぐ進めば、小さな草原に行き当たる」

「そこか。そこに衛士がいるのか?」

「うむ。今時分からしばらくは各々、そこで鍛練に励んでおる」

「人数は?」

「『天敵』 の捜索に出た者を差し引いて、まあ、二十数人といったところか」
 
 幻三郎は小さく頷くと、身を乗り出して、一風斎の方へにじり寄った。

「要するに天ヶ原に行って、『天敵』だと名乗り、岬護幽一郎を倒したと宣言すればいいのだな。さすれば、大勢の衛士と闘えるわけだ。貴公としても、事情を知り過ぎた俺を体裁よく消せる」

「読まれておったか。さすがじゃ」
 
 そう感心したように言ってから、一風斎ははたと首をひねった。

「―― はて。そなた、よもや本物の『天敵』ではあるまいな。そなたは衛士のことを前もって知っていた。『敵』 らしき人物に会ったという話―― それが狂言だとすれば……」

「無駄なことは考えるな。結論は同じだ」

「そうじゃな。そなたを殺さねばならぬことに変わりはない」
 
 一風斎は納得した顔で立ち上がった。

「行くぞ。隠し道まで案内する」

「ああ」
 
 幻三郎は一風斎が背中を向けるのを待ってゆっくりと腰を上げた。深編笠の下から顔を覗かれぬよう用心してのことらしい。
 屋敷を出ると、風がカサコソと松毬まつかさを転がしながら吹き寄せてきた。

「妙な気配がするが、気のせいか?」
 
 一風斎が勘の鋭いところを見せる。

「…………」
 
 無言で幻三郎は松毬を踏み潰した。

 畦道を伝い歩いた末に二人が辿り着いたところは、洞穴の前である。入口は人が立ったまま入るに充分な広さだが、奥行きは二間程度しかない。

「ここを行け」

「何?」

「行き止まりと見えるは騙し絵じゃ。どんでん返しになっておる」

「隠し道とはそういうことか」

「洞窟を抜ければ天ヶ原までは一本道じゃ」

「わかった」

「では、わしは村に戻る。そなたの最期を見届ける必要はなかろう」
 
 一風斎は何の心配もしていないようだった。

「えらく衛士を信頼しているのだな」

「二十数人掛かりで、信頼も何もあるまい」

「甘いな」

「せいぜい奮闘するがいい」
 
 薄ら笑いを浮かべつつ、一風斎は踵を返した。老人に似合わぬ軽やかな足取りで去っていく。すると、それまで鳴りをひそめていた風が、幻三郎の方へ擦り寄ってきた。

〔やっと行ったな〕

「またお前か」
 
 幻三郎はあからさまに嫌そうな声を発した。

〔そう邪険にするなよ。―― それにしても驚いた。俺を斬った報酬が、衛士との闘いとはな〕

「聞いていたのか」
 
 そう言いながら、どんでん返しの扉を押す。向こう側に真っ暗な空間が続いていた。石畳が敷き詰められた緩やかな上り坂である。

〔さすがは伝説の 『天敵』 だな〕

「『天敵』 など知らん、と何度言えばわかるのだ!」
 
 たちまち幻三郎の声に怒りが宿った。

〔しかし、やっていることはまさしく『天敵』。岬護家の当主を殺し、次いで衛士の殲滅を図る……〕

「成り行き上、たまたまそうなっただけだ」

〔ま、無理に認めろとは言わんがな〕
 
 風は、闇の中を足早に進む幻三郎に並んで、静かに流れた。

〔―― ただ、今の俺にはあんたが必要だ。衛士ごときに殺されてもらっては困る〕

「馬鹿な。俺が負けるわけがない」

〔化け物の―― あんた本来の力を使えばな。だが、あんたは自らそれを封じ込んでしまっている。衛士の集団戦法を相手にするのは、ちときついぞ〕

「そうは思わぬ」
 
 衛士の戦闘力を知らない幻三郎は平然と言ってのけた。

〔なぜ、あの腕を使わん? 人形の如き衛士にすら、化け物と知られるのが怖いのか?〕

「違う!」
 
 幻三郎が即座に反駁した。張り上げた大声が洞窟の中で何重にも跳ね返り、うねるような響きを醸し出す。

「『奥の手』 を使わぬのは、それに頼らぬと決めたからだ」

〔それだけか? あの腕を出してからの、あんたの取り乱しようは……〕

「うるさい!」
 
 袖をバッと翻して幻三郎は風を払った。

「生まれながらの怪物性に依りかかった無敵など、誇るに値せん。ゆえに 『奥の手』 を封印したのだ」

〔それで人間と対等になったと思っているのか?〕
 
 冷やかな風が幻三郎の首筋を撫でる。

「何ぃ」

〔あの腕は確かに異形で突出した能力を持っている。けどな、そいつがなくたって、化け物であることに何ら変わりはないんだ。修練で強くなったとあんたは言ったが、それ以前に元々の土台が常人とはまるで違う。あんたは言わば角のない鬼。人間と張り合っちゃ、人間がかわいそうだ〕

「決めつけるな!」
 
 敵意に満ちた禍々しい気を全身から発散しつつ、幻三郎は左拳を握りしめた。

「人として生きてこそ強さが意味を持つのだ。人を超えた存在として己を認めたが最後、俺は、劣弱な動物を玩び切り刻む、ただの殺戮者と化してしまう」

〔ふむ。やっぱりあんたはそういう男だったのか。何となく過去が見えるぞ〕

「ほざくな! 簡単に人間を捨てられる奴に、俺の何がわかる?」

〔わかるさ。あんたはわかりやすいんだ。真正直だからな〕

「おのれ!」
 
 幻三郎は握った拳をがむしゃらに振り回したが、虚しく空を打つばかりだった。

〔おっとと。そう怒るなよ。冷静さがないと、衛士の攻撃はかわせんぞ〕

「お前が怒らせたのだろうが!」

〔悪い悪い。あんたには衛士に勝ってもらわなきゃならないんだった〕

「お前に心配されるには及ばん」

〔いいや、心配だ。あの腕を使えとはもう言わん。ただ、闘いの最中、そいつを抑え込み続けるのはやめた方がいい」

「何?」

〔あの腕が無意識に動くのを封じるための、余分な筋肉の緊張が、あんたの右手から力を奪っている。しかも、それに注意を払う以上、集中力の分散も避けられん。一度、あの腕のことは忘れてみたらどうだい? ちょっと動くぐらい別にいいじゃないか〕

「忠告は無用だ。俺は俺のやり方で勝つ」
 
 幻三郎は不快感を剥き出しにして言った。

〔やれやれ。そこまで頑固とは思わなかった。なら、好きにしろ。不本意だけど、今のあんたに全てを預ける。――だが、衛士に勝ったところで、今のままだぞ〕
 
 何が 「今のまま」 なのか、風は明らかにしない。

「そうは思わん。制約の中での厳しい闘いが俺を鍛えてくれる」

〔どうかな。信じるのは勝手だが、現実は甘くない。この先ずっとこんな調子かと思うと、もどかしくてたまらんね〕
 
 聞こえるか聞こえないかぐらいの、独り言めかした微かな風音である。幻三郎は無言だったが、次第に荒々しい足取りになっていった。少し身体を捩じった妙な前傾姿勢で、大きな足音を立てて進む。

〔確かに、今できることを精一杯やるのも大切だ。けど、時には、今までできなかったことに挑む方がずっと大事な場合もある〕
 
 風は幻三郎を宥めるように、ほんわりとした空気の淀みと化して深編笠を優しく包み込んだ。

「何が言いたい!」

〔俺には弟が二人いてね。一人は俺と双子の弟で、もう一人は三歳下だ〕
 
 突然、風が話題を変える。

〔―― 末の弟は、化け物の腕を使わんあんたよりも、はっきり言って強いぞ〕

「何だと!」

〔強さの秘密は心技体の状態にある。技と体はあんたと互角で、残るは心〕

「俺の精神力が劣るというのか!」

〔違う。―― その辺は衛士と闘いの後で教えてやる〕

「なぜ、今言わん」

〔俺の言葉に耳を貸してもらうには、それなりのお膳立てが必要なようだからな。――聞きたいのなら、頼むから衛士に勝ってくれよ〕
 
  風は懇願とも要求ともつかない言い方をした。

「俺を見くびるな!」

〔正当に評価しているつもりだがね。―― さあ、出口も近い。しばらく離れてるから、気を静めていけ〕

「偉そうに言うな!」

〔じゃあ、ずっとついててやろうか〕

「あっちへ行ってろ!」

 感情に任せて幻三郎が叫ぶと、風は深編笠の脇をするりと抜けて背後に回った。

「―― 待て」
 
 去り行く風を、ふと思い出したように呼び止める。

〔何だ?〕

「末の弟の名は……?」
 
 風は深編笠の周りをゆっくりと回った。

〔俺が幽一郎だったんだ。三男坊の名前は想像がつかないか?]

「俺の名を 『懐かしい響き』 と言ったな」

「そう。あんたと同じ名前だよ。げんざぶろう。岬護幻三郎だ〕
 
 言い残して風は、暗闇の中に気配を散らしていった。


続く

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2017/03/21 16:17 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/6050-e102ce0e