FC2ブログ

















挑戦隊チャレンジャー・完全版 第一話 「襲来! コーヒー党」 その4 (小説)

挑戦隊としての初めての戦闘。


 それは実にあっけないものだった。


 コスタリーカの合図で、いかにも戦闘員風の男達がわらわらと地下から湧いて出たのだが、はっきり言って弱過ぎて戦いにならないのだ。

 どうやら相手は、茶色の全身タイツにコーヒー豆を象ったお面をかぶっただけの普通の人間らしい。

 各人が常人のおよそ十倍のパワーを持つ挑戦隊に到底敵うわけがなかった。

 軽く撫でてやれば、それで簡単に何メートルも吹っ飛んでしまう。












投稿者:クロノイチ


「あいたたた。つれえよぅ」

 撥ね飛ばされた戦闘員(「バリスタ」という名称らしい)が腰を押さえて弱音を吐く。やられ方も無様だ。なのに皆、懲りもせず挑戦隊に挑んでくる。やられてもやられてもしつこく向かってきた。




(妙ですね。実力差があり過ぎるとわかった時点で、メカ怪人に任せるべきなのに。このままじゃ、いたずらに自分達の怪我が増えるだけですよ)

 バリスタ達の無謀な攻撃を不審に思ったグリーンリョクチャは、降り掛かる火の粉を払いつつ、敵の発する言葉を集音した。彼は生まれつき耳がよく、チャレンジスーツの聴覚センサーを通すと、十キロ先の針の落ちる音が聞こえるという。




「チクショー。もう帰りてぇ。メカ怪人の指示通りにテキトーに働くだけの楽な仕事だと思ってたのに。戦闘があるなんて聞いてねえよ」

「何寝ぼけたこと言ってんだ。戦闘員という名目で仕事を請け負ってるんだから、戦闘があることぐらいは予想しとけ」

「あと二分だ。二分粘れ。メカ怪人は契約通りにしか動いてくんねえぞ。融通の利かん鉄頭だかんな。明治火銃組(めいじかじゅうぐみ)の面目にかけて踏ん張れ」

「くそっ。チャカかナイフが使えれば……」

「武器を使うのは契約違反だからな」

「悪の組織なのに敵の身体を気遣うなんてどうかしてるぜ」

「ま、こっちが弱いおかげで、敵さんも本気を出せないみたいだし、良しとしよう」

「わあ、ピンク色のが来た。こいつ、さっきから全然手加減してくれねえ。うわああああ!」




(何となくわかりましたよ。アウトソーシングですね。どこかのヤクザと、戦闘員を調達する契約を結んでいるわけですか。だったらどれだけ彼らを痛めつけたところで、コーヒー党本体に与えるダメージはゼロですね)

 玉郎は、まともに戦うのを止め、向かってくる相手を軽くあしらうだけに留めた。省エネのためである。なお、他のメンバーにアドバイスをすることはしない。凡人相手に噛み砕いて説明するのが面倒だからだ。




「こら逃げるな! ガチンコ勝負よ!」

「わー、ピンクがしつこい!」

 一人のバリスタが死を覚悟する。




 そこへなぜかイエローカモミールが割って入ってきた。

「びすか、『ガチンコ』なんてハレンチな言葉言っちゃ駄目!」

「なんでよ。ガチンコ大好きなんだから言ってもいいでしょ。ガチンコガチンコガチンコ!」

「もうヤだあ」

「しめた、今のうちに……」

 バリスタは二人が言い争っている隙に逃げ出すことに成功した。




 そうこうしているうちに二分が過ぎ……。

「くそっ、歯が立たねえ。退却だ! ──コスタリーカ様。後をお願いします」

 声と同時にバリスタ達が一斉に戦闘を止め、煙玉を地面に叩きつける。辺り一帯をもうもうたる煙が包み込んだ。やがて煙が晴れた時には、バリスタは一人残らず姿を消していた。




 残るはコスタリーカのみである。だが、コスタリーカは余裕綽々だ。

「おやおや、そんな覆面を付けてたら、おいしいコーヒーが飲めないじゃありませんか。軽く捻って脱がせてあげますね」

 背負ったリュックから銀色の銃を取り出して、レッドダージリンに向ける。

「ショックガンですよ。気絶するだけですから安心してください」




「当たるかよ!」

 レッドダージリンが銃撃を華麗にかわす。次いで連射が来たが、紙一重の見切りで避け切った。すると、彼はこう叫んだのである。

「──みんな、『スーパーチャレンジアタック』だ!」




「えっ? いきなりですか?」

 イエローカモミールがすっとんきょうな声を発した。

「俺の見せ場が全然ないじゃないか」

 ブラックウーロンが不服そうに言う。




「聞いてくれ。──敵の強さはまだ未知数。先手必勝で出し惜しみせず最大の技をぶつけるべきだ。先に細かい個人技にエネルギーを割いてしまうと、切り札が通用しなかった場合に、逃げる余力がないってことにもなりかねない」

 強い口調でレッドダージリンが訴えた。

「それは一理ありますね。やりましょう。スーパーチャレンジアタックを」

 グリーンリョクチャが賛同する。

 そして、何だかんだで全員が必殺技の態勢に入ったのだった。




 スーパーチャレンジアタック。──全員が円陣を組んだ状態で空中高く跳び上がり、チャレンジスーツのエネルギーを一気に放出。火の玉と化して急降下し敵に体当たりする、挑戦隊最大の必殺技である。

「うおりゃぁぁぁっ!」

 全員の気合がほとばしり、雄叫びが轟いた。

 五人が空中で眩い光に包まれていく。




 もっともこの技は、円陣を組んだ後、チャレンジスーツ内部のプログラムに従って自動的に発動する仕組みになっており、はっきり言って気合は意味がない。もちろん「燃える闘志」も「不屈の根性」も「心と力を一つに合わせる」ことも、ことごとく無駄である。




 巨大な火の玉が凄まじい速さでコスタリーカ目掛け飛んで行った。

「行くぞ! レッドダージリン・スーパーチャレンジアタック!」

「来なさい。受け止めて差し上げます」

「ちょっ! なんで自分の技みたいに……」

「言ったもん勝ちだぜ、龍よぉ」

「セコーーーーーー!」




 ドガァァァン! 激突音が響き渡った。竜巻にも似た巨大な土煙が立ちのぼる。

 四人のチャレンジャーは見た。地面に巨大なクレーターが形成されており、その底に煤けたコスタリータが横たわっているのを。

「やったか?」

 レッドダージリンがクレーターを覗き込む。




「ダメですね。敵の稼働音は健在。じきに起き上がってきますよ」

「マジか、玉郎」

「ええ。紅さん。こうなったら撤退命令を……」

「──あっ!」

 突然ピンクハイビスカスの叫び声が上がった。


「何だ? びすか」

「龍先輩が倒れてます」

「何だって!」

 レッドダージリンが慌てて駆け寄る。




「意識がない。季彩、玉郎、確認してくれ」

「はい。血の匂いはしません。外傷はないようです」

「心拍音も正常ですね。これなら頭でも蹴ればすぐに復活しますよ」

「よし、びすか蹴っとけ」

「ハイハーイ!」

「お、ウキウキだな」

「だって龍先輩が相手だもん。──やる気満々よ」

「びすか、女の子が 『ヤル気マンマン』なんて、お下劣なこと言っちゃ駄目」

「何よ! やる気満々のどこがお下劣なのよ! あたしはいつだってやる気満々なんだから!」




「時間がないので僕が蹴りますね」

 グリーンリョクチャがブラックウーロンの頭を軽く蹴る。ドゴッという重い音が響いた。ブラックウーロンの身体が吹っ飛んで数十メートルも離れた場所にグチャッと落下し、五回バウンドして停止する。チャレンジスーツの攻撃力恐るべし。




「イテっ! 誰だ、俺を蹴りやがったのは!」

 ブラックウーロンが頭を押さえながら立ち上がる。ダメージはそれほどなさそうだ。チャレンジスーツの防御力恐るべし。




「あー、あたしが蹴りたかったのに」

「何だと。張り倒すぞ!」

「ゴメンなさーい。ジョークですよ。──ところで、なんで龍先輩だけ気絶していたんですか?」

 能天気に訊ねるピンクハイビスカスに対し、ブラックウーロンが苛ついた口調でこう答えた。




「俺の頭がっ! 当たったんだよ!」

「何に?」

「コスタリーカに! もろ激突! ホント、思いっきりもろだし……」

「もろだし?」

「びすか、女の子が『モロ出し』だなんて……」

「あー、もうそれはいいから」

 レッドダージリンが不毛な会話を遮った。

「──なるほど。挑戦隊全体で火の玉と化していたとはいえ、直接相手にぶつかるのは、僅かな一部分に過ぎない。それが今回は龍の頭だったってことか」




「コスタリーカ、再起動します。表面は焦げていますが、内部は無事なもよう。これ以上の戦っても勝ち目はありません。逃げましょう」

 グリーンリョクチャが冷静に訴える。




「え、俺がやっつけたんじゃないの? この俺の頭が」

 現状把握ができていないブラックウーロンは納得が行かない様子である。




「作戦失敗だ! 全員撤退! 急げ!」

 緊迫した声でレッドダージリンが叫ぶ。

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/03/05 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/6090-a14723d1