FC2ブログ


















その41 童景

店頭に並ぶ納豆

「かあさんのうた」作詞 作曲 窪田 聡
 
一、母さんは夜なべをして手袋編んでくれた 木枯らし吹いちゃ冷たかろうて せっせと編んだだよ 故郷の便りは届く 囲炉裏の匂いがした

二、 母さんは麻糸つむぐ せっせとつむぐ お父は土間で藁(わら)打ち仕事 お前も頑張れよ 故郷の冬はさみしい せめてラジオ聴かせたい

三、母さんのあかぎれ痛い 生味噌をすりこむ 根雪がとけりゃもうすぐ春だで畑が待ってるよ 小川のせせらぎが聞こえる 懐かしさがしみとうる



 先日、新聞の読書の投稿欄に、昔の農家の寒農期における「藁打ち仕事」について思い出話を綴られているのを読み、この唄を思い出した。

 私は残念ながら藁打ち仕事というものがどんなものか知らないのであるが、情景は何となく想像出来る。
 
 読書の皆様の中にも、心の琴線に触れる方が多いと思われる。

 もしも、聴いた事が無い方がおられれば、ご年配の方に教えていただければよろしいと思います。

 私は茅葺き屋根の民家が好きで、旅先で見つけた時などは、必ず写真に収めるようにしているのだが、眺めているだけで心が和むものだ。

 そして藁といえば、やはり「納豆」であろう。

 私は未だ藁に包まれた納豆を食した事が無いのであるが、かなりの美味らしい。機会があれば是非とも食べてみたいものだ。

 
 今季最期であって欲しいのですが、また風邪が流行ってるようです。

 本日は短稿にて、失礼します。


投稿者: Nao


 ← 「天然わら納豆」を通販で買いたい人は、画像をクリック!



[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



こんなコメントがありました!

投稿者:Anthony 2007/2/2 23:46

藁包みの納豆には、心が惹かれるものがあるんだけれど、実際、食べるとなると...ゴメンナサイ。

修行しなおしてきます。



投稿者:mimibrillante みみ 2007/2/2 23:26

naoさん、こんばんは。

かやぶきの家、私も大好きですよ~♪

ひところの納豆騒動が嘘のように、お店には納豆がならんでいますが、
私は、市販のパック入りの納豆ではなく、
薄板?みたいなものに包まれている納豆をいただいています。

かあさんのうたは、いいですね~。(*^_^*)
久しぶりに三番まで見て、ジ~ンとしてしまいました(笑)。

http://moon.ap.teacup.com/mimimoonlight/



投稿者:縞猫 2007/2/2 19:27

naoさん大丈夫ですか?無理してると年末の私みたいになりますよ。温かくしてお大事に。


http://moon.ap.teacup.com/happycat/



投稿者:とく 2007/2/2 13:04

naoさんはやくなおってください。おみまいもうしあげます。

http://gallerytoku.hp.infoseek.co.jp/mimiya/



投稿者:シャア 2007/2/2 2:10

藁包み納豆は関西人には、無理だと思うが...



投稿者:ぅりゅぅ。 2007/2/2 1:47

naoさん、藁に入った納豆はスーパーで売ってましたょ(*´∀`*)

その納豆の前で買うべきか本気で悩んでたのは何を隠そう!!ぅりゅぅ。です(。-∀-)


[ 2007/11/14 18:30 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/611-6f52858f