FC2ブログ

















残念 と 無念 (ショート・ストーリー)

「残念」 と 「無念」 という言葉があります。


 ほとんど同じ意味に使われますが、よく考えると 「残」 と 「無」 は全く逆の言葉ですよね。


 まあ、ちょっと調べればその辺の疑問はすぐに氷解するわけですが、面倒くさがりのいつもの姉と弟は会話の中でどんな結論を出すでしょうか。


 
 弟が真面目な顏であたしにこう訊ねてきた。

「姉ちゃん、『残念』 と 『無念』 って同じ意味だよな」

「そうね」

「『残念』 はわかるんだ。心残りがあるってことだろ。だったら 『無念』 ってなんだよ。心に何も残ってないのに、どうして残念と同じ使われ方なんだ?」











投稿者:クロノイチ


 あたしは心の中でいつもの通り「検索しろ」と叫んだ。だが、口に出すと、遣り取りが感情的になって面倒なことになるのが見えていたので、敢えて言わないことにする。もちろんあたしが代わりに検索してやることもしない。面倒だから。

 適当に出まかせを言ってみる。

「そうね。『無念』 というのはきっとやせ我慢なんじゃないかな。本当は残念な気持ちでいっぱいなんだけど、敢えて 『心残りなんかないんだぞ 』って自分に言い聞かせてる言葉なんだと思う。だから 『残念無念』 はよく聞くけど、『無念残念』 は聞かないでしょ。一度 『残念』 と思ってしまったのを、いやいや 『無念』 なんだぞと見栄を張るから 『残念無念』 なのよ」

「じゃあさ、某マンガの 『我が人生に一片の悔いなし』 って名セリフはさ、言った本人は結局自分の思いを満たせずに死んでいったわけだし、もしかして……」

「そう。言い換えるとそのまま 『無念なり』 ってことね」

「なんとなくダセェー」

 「無念なり」 と悲痛な叫びを上げながら、天に拳を突き上げ息絶える拳王を、弟はイメージしたに違いない。


「ところで姉ちゃん。『無心』 と 『一心』 も同じような意味だよな」

「『雑念がない心』 と 『一つのことに集中している心』 ってふうに考えると、矛盾は生じなくなるわね」

「『無心』 っていい言葉なんだな。ありがと。タメになったよ」

「合ってる保証はないわよ」

「いいんだ。こっちはモヤモヤした感じが晴れればそれでいいんだから。── で、姉ちゃん」

「今度は何?」

「いやあ、今月、小遣い使い果たしてさぁ。── 少し、貸してくんない?」


「金の 『無心』 すな!」


 「無心」 ってやっぱ、悪い言葉みたい。

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/09/03 23:00 ] Menu:05 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(2)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



無心

たまに言われる。「お前、心が無いのか!」
どうやら傍からも判るほど「無心の境地」に入ることがあるらしい。
[ 2019/09/23 02:08 ] [ 編集 ]

無心

「お前、心が無いのか!」とはまさしく心無い言葉。
[ 2019/09/24 00:35 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/6155-9c4cc1f7