FC2ブログ

















その96 強奪

 食糧自給率が極端に低い我が国日本であるが、その自給率を野菜の種や家畜の飼料に目を向ければ、その数字は限り無く0%に近付く事は火を見るより明らかである。
他に近代農法に必要不可欠な農薬やら化学肥料の輸入などを考えると、

 政府の無策が腹立たしいのを通り越して、あきれるより他無いのが残念ながら現状である。

 それは隣国中国も同じ状態で、つまりアメリカが日本に輸出した利益で飼料を作り、それを中国が輸入し、本国の食糧と対日本輸出用の食糧に振り分け日本国民が生を繋ぐ。

 この状態でアメリカの投資家が莫大な利益を上げ、朝からハンバーガーを食べながらロマネコンティをラッパ飲みしておる。

 凄く不自然な状況ではなかろうか?

 確かに現在の世界は、オイルマネーを筆頭に投資で成り立っていると言ってよい。

 ただし、それは半導体であるとか電子部品などの無機質な物質にとどめておくべきであり、人が生きて行く上でもっとも重要な「食」をマネ
ーゲームの対象に置くとは、これはもう神への冒涜と結論付けても過言ではないだろう。

 それぞれの国において食文化とは、その気候、風土により発展進化し、またそれぞれの国の食文化を認め合い、互いの国を尊重しあう。

 それこそが国際交流であり、文化交流であって、平和を維持する最大の政策である。

 それを実現するのが、それぞれの国の政治家である。金儲けをしたいならば、それは人の勝手で好きにすれば良い。

 しかしながら人間の命をつなぐ「食」を金儲けの手段にすべきではない。絶対に。


 以下私事にて。

 風邪と言うかインフルエンザと言うか、寝込んでいた間はまともに食事も摂れない状態で、今更ながら「健康に食事をいただける。」こんな当たり前の日常に感謝している日々であります。

 そして思うのが、不治の病に冒されて食べ物を噛み、味わい、喉を通す。

 そんな当たり前の事も出来ない人達が、今日もどこかで闘病生活を送られていると考えると、ますます「食」を金儲けの遊びの対象にしておるのが本当に許せない気持ちになりました。

 世界の人々の多くは、地元の食品を食べて行きたいと考えておられるはずです。食とは、先祖から繋がる土を耕す行為に他なりません。


 ブログランキングに参加しております。「私達が食べる食品を金儲けのネタにするな!」と感じられた方はクリックをお願いいたします。



投稿者: Nao



[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



やっぱり政治の責任

 投資家の多くは、法律に触れなければ何にでも投資します。そのうち何割かは、違法であっても見つからなければいいと思っているでしょう。
 これから食料に投資する投資家はますます増えるでしょうね。やはり、政治的に、食料を確保するなり、投機対象にするのを制限するべきでしょう。
 食料を市場原理に放任するのは危険です。 
[ 2008/02/20 22:52 ] [ 編集 ]

雑草zさん、本当に食糧が無くなったら、今の投資家なんかは本当に札束で小麦粉が買えると思っているのでしょうか?

思っているならば本当のアホでしょう。

それぞれの商品は金で買えるでしょうが、残念ながら水と食糧は金では買えません。
世界各国の政治家や官僚にも、そんな生活を一度強要すべきでしょう。
松下政経塾は強要しているようですが。
[ 2008/02/22 00:12 ] [ 編集 ]

金さえあれば大丈夫と考えているか、想定外か・・

 食料が足りなくなっても金を沢山払えば優先して食料は手に入ると考えているか、そんな事を想定していないかのどちらかでしょう。・・実際、小麦くらいは札束で手に入れられるでしょうね。
 そうでなければ、人の国を勝手にプランテーション化して、単一換金作物の栽培をさせるなどという、その国の食文化の破壊どころか自給自足を破壊するような真似はしないでしょう。 

 食料に限らず、森林伐採など開発と称して自然破壊している連中は、金の事しか頭にないのでしょうね。
環境が破局したときに、その金で買えるものは、他の人よりちょっとばかり生き延びて、沢山苦しんで死ぬ権利くらいでしょうか・。?。
[ 2008/02/22 21:25 ] [ 編集 ]

雑草zさん、そもそも国が金の為に食糧を「作れ」と命令しているならば百歩譲って納得出来ます。
しかし現在の日本は「作るな」と命令しているのですからめちゃくちゃです。
[ 2008/02/23 17:35 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/935-e0628268