FC2ブログ


















第四十一幕 潜水服は蝶の夢を見る

エロスとタナトス    映画「潜水服は蝶の夢を見る」

 脳梗塞で、全身マヒとなった男性の物語です。

 彼の名はジャン=ドミニク・ボビー。仏ファッション雑誌『ELLE』の編集長でした。

 映画に脚色はありますが、実話です。

 ジャン(マチュー・アマリック)が意識を取り戻した時、病室に医師がかけつけ、彼の容態を確認します。

 目にライトを当て、瞳孔の様子をみ、眼球の動きを確かめ、瞬きさせ、質問します。

 ジャンは答えます。

 が、医師には聞こえません。

 ロックト・インシンドローム。

 ジャンの脳と末梢神経をつないでる脳幹に脳血管発作が起こったため、全身の骨格筋が麻痺したのでした。

 耳は聞こえ、目も見え、意識は鮮明ですが、体はいっさい動きません。声もでません。

 かろうじて、左目のまぶたを動かすことだけは出来ました。

 医師は、さらに、ジャンの体の不具合を見つけます。

 ジャンの右目のまぶたは、閉じたり開いたりしませんでした。

 係が呼ばれ、角膜潰瘍防止のため、ジャンの右目は縫われ、閉じられていきます。

 そんな状態のジャンに、美女があらわれると医師は確約して帰ります。

 やって来た、そそる美女、アンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)は、言語療法士でした。

 ジャンが唯一自在に動かせる左目のまばたきを使って、ジャンとのコミュケーションの手段を見いだします。

「はい」は、瞬き一回。

「いいえ」は、二回。

 次に、「E、S、R、I、N、・・・」といった、使用頻度の多い順に並べられた変わったアルファベットを順に読みあげ、ジャンが瞬きをすることで文字を選び、単語が完了したら瞬きを二回。

 これで、ジャンは文章を作り、アンリエットとの会話が出来るようになります。

 試しに、促されて、ジャンが綴った言葉は、「死にたい」でした。

 相手役が一方的にカメラに向かって話しかけるというユニークな撮影方法が、身動きとれないジャンの不自由さと、しかし、しっかり冴えてる意識とのギャップに苦しみ、自らの閉じこめられた状態を「潜水服」と譬える自虐的なジャンの心理を伝えます。

 希望のまったく見えない病状の中で、アンリエットがジャンにもたらした伝達手段は、ジャンの意識を変えます。

 記憶と想像力。

 これが、ロックト・インシンドロームのジャンに残った、瞬きの他に、ジャンの思うように自在となるものでした。

 ジャンの精神は、記憶と想像力と瞬きで、文字を綴ることで、蝶のように、自由に、潜水服から抜けだし、宙を舞います。

 映画は、実在のジャンが、20万回の瞬きで書き上げた『潜水服は蝶の夢を見る』(原題は『潜水服と蝶』)を元に、ジャンの病状や、自伝風なジャンの姿を描くのですが、監督が仕掛けた生(エロス)の女神たち、言語療法士アンリエット、理学療法士マリー(オラツ・ロペス・ヘルメンデイア)、ジャンの想像力で画面に登場する、ジャンが収容された北フランス、ベルグの病院の命名者、ナポレオン三世の皇妃ウジェニー(エマ・ド・コーヌ)によって昂揚していくジャンの気持ちと、海の上にしつらえられた台の上で、一人、車椅子に取り残され、身動きとれない、ジャンの現状を暗喩したシーンが、生きながらのジャンの死(タナトス)を暗示させ、深みさを帯びます。

 決して愉快さを喚起させないシリアスなジャンのリアルな病状を描くこの映画が、それでも、わたしたちの目を惹きつけるのは、のっぴきならない現実の潜水服の中から、誰もが、蝶のように自由にはばたきたいと思う、生への切なる願いが、静かに感動を呼ぶからかもしれません。

 
 わたしたちに、生の存在意義を問う「潜水服は蝶の夢を見る」、不思議な映画です。



投稿者: 今井 政幸


『潜水服は蝶の夢を見る』公式サイト




原作をチェック!




[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



これでもか

ってくらぃ人生は
試練がありますよね

この映画、機会があったら是非観たぃ映画の一つです
[ 2008/02/28 01:04 ] [ 編集 ]

ジャンが綴る内面からの言葉は詩的ですばらしいです。
[ 2008/02/28 21:18 ] [ 編集 ]

ああ、これすごく興味あります。題名からしてシュールで期待感があがりますね。内容をお聞きして題名の意味がわかりました。私もぜひ見たい映画です。できたらDVDではなく劇場で!
[ 2008/02/29 15:43 ] [ 編集 ]

映画を見たら感想をお願いしますよ。
[ 2008/03/02 09:56 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/05/05 10:36 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/951-add8ee67